妊娠線や肉割れを予防するにはお腹が大きくなる前のできるだけ早い時期から妊娠線予防クリームを使って保湿ケアをすることが大切です。

妊娠線予防クリームでちゃんとケアをしていれば妊娠線を全くつくることなく出産することができます。妊娠線予防は早ければ早いほど妊娠線(線状皮膚萎縮症)ができなくなります。

しかしに妊娠線はたくさんの種類があってどれをえらんだらいいのか難しいですよね?ここでは品質とコストのバランスがよく実績がある人気の妊娠線予防クリームをランキング形式で紹介します。

妊娠線予防クリームの正しい選び方

1.保湿力に優れている妊娠線予防クリームであること

妊娠線予防クリームで一番大事なポイントは保湿です。妊娠線予防クリームはそれぞれ保湿力と保湿の持続力が異なります。

価格が安い妊娠線予防クリームでも保湿力と保湿の持続力に優れていなければその分こまめに塗らなければならなくなるのでコストパフォーマンスが悪くなります。

妊娠線クリームは1日や2日塗らないだけで急に妊娠線ができてしまうことがあります。そのため保湿力が高いことに越したことはないのです。

妊娠線予防クリームであれば保湿に優れているため妊娠線のかゆみはでませんが、市販の妊娠線ケア用クリームでない場合はかゆみが発生することが多々あります。

皮下組織まで達してコラーゲンやヒアルロン酸や葉酸などの美容成分、美肌成分が配合されていいてオーガニック成分でできているベルタマザークリームの妊娠線予防クリームだとさらに効果が期待できます。

2.肌に優しい成分で低刺激であること

妊娠中は肌がとてもデリケートで敏感になりますし、つわりが起きると匂いにも敏感になります。

そのため肌にやさしくない妊娠線予防クリームだと肌荒れをしてしまったり、匂いで気持ち悪くなってしまったりするので、化学成分や不純物が含まれてない天然成分の妊娠線予防クリームを選ぶことで妊娠中も安心して使うことができます。

妊娠線クリームは毎日たっぷりと使うものなので、無添加の妊娠線クリームのものを使うことで毎日安心して妊娠線予防のケアをすることができます。

妊娠線予防ケア用品にはオイルタイプとクリームタイプがありますが、オイルタイプはベアついて上に服を着ると洋服が汚れてしまうのでクリームタイプがおすすめです。当サイトでもクリームタイプしか紹介していません。

3.コストパフォーマンスがいいこと

妊娠線予防クリームは毎日たっぷりと塗り込みます。そのためあまり値段が高いとたっぷりと塗り込むのを躊躇してしまうようなことになってしまっては妊娠線を作ってしまうので本末転倒です。

なぜなら妊娠線予防クリームを塗るのをケチって量を少なくしたり頻度を下げたりして妊娠線を作ってしまった方が多くいます。妊娠線予防クリームはそれぞれ価格が違うのでコストパフォーマンスがよいベルタマザークリームを選んでおくことがおすすめです。

妊娠線予防クリームを選ぶ時はこの3つのポイントを考慮した上で、妊娠線予防クリームを選ぶようにしましょう。ランキングはこの3つの内容を考慮した内容になっています。

4.ベタつきがなく伸びがいいこと

妊娠線の予防ケア用品にはクリームタイプとオイルタイプの2つがあります。オイルタイプはどうしてもベタつきがでてしまって服を着るとオイルが付着しますし、パジャマもついたオイルを取るために洗濯をする回数がふえてしまいます。

クリームタイプはベタつきもなく伸びが良いので不便なく自宅でも外出先でも使うことができます。昔はオイルタイプを使っている人もいましたが、今はクリームタイプが主流です。

妊娠線は普通の保湿クリームだとケアできない

妊娠線の予防には薬局で売っているニベアの保湿クリームでは効果がありません。ニベアなどの普通の保湿クリームは表皮はケアできますが、肌の奥まではケア刷ることができません。

妊娠線は表皮ではなく肌の奥の「真皮」が裂けてできるものです。この真皮は自己修復できず、普通の保湿クリームでは補修することはできません。

また、妊娠線や出産向けの保湿クリームではないため、お腹の子供への影響まで考慮されていません。そのため妊娠中のデリケートな期間には専用の妊娠線予防クリームを使うことがおすすめです。

ベルタマザークリームやAFCの妊娠線クリーム、NOCORは肌の奥の「真皮」まで浸透して真皮の細胞をケアできる成分が入っている妊娠線予防クリームです。

ベルタマザークリームは海外でも有名な浸透成分(シラノール誘導体)が配合されており、たまごクラブなどでも推薦されています。価格も定期購入することで初回500円で購入でき、2回目以降も通常価格よりも2000円も安い価格で購入することができるのでとても人気になっていて選ばれている妊娠線予防クリームです。

妊娠線予防クリームランキング

1位: ベルタマザークリーム(BELTA)

妊娠線予防クリームの中で保湿性、肌に優しい素材(国産、無添加)、コストパフォーマンスで最も優れているのはベスタマザークリームです。

ベルタマザークリームは妊娠線予防クリーム実勢No.1です。

いろいろな妊娠線予防クリームがありますが、他のクリームと比較しても劣る部分がありません。

ベルタマザークリームは保湿効果がとても高く、敏感肌でも安心して使えるようにシラノール誘導体をはじめとする5種類のオーガニック素材と美容成分が配合されているので肌が弱い方でも毎日使うことができます。

また、ベルタマザークリームはどの妊娠線予防クリームと比べても最も伸びがよくて、保湿効果が高いため、肌がしっとりとしてベタつきがありません。

妊娠線予防クリームの中で最も評判がよく妊娠線ができなかったという声が多いクリームなのでこれから妊娠線予防クリームを選ぶ方はベルタマザークリームを選んでおけばまず間違いありません。

販売名 ベルタマザークリーム
販売価格 単体6980円、定期便は初回500円・次回から4980円(すべて送料無料
容量 120g
1日当たりのコスト 約232円
発売元 株式会社ビーボ
製造国 日本
香料・着色料・鉱物油など添加物 無添加
有効成分 シラノール誘導体、オーガニック原材料5種類、コエンザイムQ10、ヘスペリジン、葉酸、アミノ酸、ビタミン、ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲンなど

今だけ!初回購入500円(92%OFF)のお得なキャンペーン実施中です!

91%の人が定期便で購入しています

2位: AFCの妊娠線クリーム

AFCの妊娠線クリームは価格が安いためコスパが良い妊娠線クリームです。他の妊娠線クリームと比べて「葉酸」が多く含まれています。

葉酸は血行を良くして肌の新陳代謝をよくする効果があります。そのため妊娠線ができにくくなります。

AFCの妊娠線クリームが2位の理由は価格は安いのですが、保湿効果がベルタマザークリームよりも劣ります。妊娠線予防クリームを塗る期間でAFCの妊娠線クリームとベルタマザークリームを比べた場合、価格はAFCの妊娠線クリームのほうが安くなります。

しかし、ベルタマザークリームよりもクリームを塗る頻度が増えるので少し手間です。選び方は、少しでも価格を安く抑えたい場合はAFCの妊娠線クリームで、確実に妊娠線を作らないように予防したい場合は、ベルタマザークリームを選ぶようにするといいです。

販売名 AFCの妊娠線クリーム
販売価格 2800円(送料無料)
容量 120g
1日当たりのコスト 約93円
発売元 株式会社AFC
製造国 日本
香料・着色料・鉱物油など添加物 無添加
有効成分 アラントイン・葉酸・クロレラエキス・ライマメ種子エキス

今だけ!定期お届けらくトク便、初回限定価格で税別1,400円で購入できちゃいます!

3位: NOCORクリーム

NOCORクリームは妊娠線予防効果もありますが、できてしまった妊娠線や肉割れを消す効果が高いクリームです。

NOCORが4位の理由はベルタマザークリームやAFCの妊娠線クリームとくらべてベタつきがあります。保湿効果もベルタマザークリームやAFCの妊娠線クリームと比べて通りますが、

できてしまった妊娠線や肉割れを消すことができるので、お腹が大きくなる時期から出産後まで1つのクリームでケアできるというメリットが有るので人気があります。

すでに妊娠線ができて知った場合はNOCORクリームを使えば少しずつ妊娠線が薄くなっていってわからないくらいになります。

販売名 ノコア(NOCOR)
販売価格 単体6980円、2本セット13960円、3本セット19389円(送料無料)
容量 150g
1日当たりのコスト 約232円
発売元 株式会社フューチャーゲート
製造国 日本
香料・着色料・鉱物油など添加物 無添加
有効成分 ビタミンC誘導体、生シアバター、アボガドエキス、ベントナイト、ホホバ種油、アルガニアスピノサ核油、ネロリなど

3つの妊娠線クリームの比較表

商品名 保湿効果 伸縮性向上効果 美容成分 妊娠線予防実績 評価
ベルタマザー ★★★★★
AFC ★★★★
NOCOR ★★★★

 

ベルタマザー AFC NOCOR
価格
(半年購入)
25440円 16147円 37670円
価格
(単品での購入)
6980円 3024円 6998円+送料
有効・美容成分 14種類 4種類 12種類
妊娠線予防効果が
含まれている成分
シラノール誘導体
ヘスペリジン
コエンザイムQ10
葉酸
ヘスペリジン
葉酸
EGF
FGF

妊娠線予防クリームは出産までの半年くらいの間しか必要ありません。妊娠線予防クリームを使わないで妊娠線を作ってしまった人はレーザー治療などで20万円〜50万円ほどかけて治療をしています。

妊娠線は、作ってからケアより作らないケアを!

どの妊娠線予防クリームにするのか迷っている方は

どの妊娠線予防クリームにするのか迷っている方は、ベルタマザークリームを選んでおけば間違いありません。妊娠線予防に必要な成分は全て入っていますし、他のクリームと比べて美容成分が豊富に入っているが特徴です。

また、先輩ママの妊娠線を作らなかった実勢が最も多くある妊娠線クリームなのでこれだけしっかりと塗っていれば大丈夫という安心感があります。

肌の保湿効果もあり、スーパーヒアルロン酸/プラセンタ/コラーゲンの美容成分入っており、ベタつきもないクリームで妊娠線予防実勢も十分にあるのでベルタマザークリームはとてもよいクリームです。

妊娠線を作ってしまった人のパターンや例

  • 妊娠線ケアを始めるが遅かった
  • 正しい妊娠線ケア用品を使っていなかった
  • 妊娠6ヶ月までは大丈夫と油断してケアをしていなかった
  • ニベアで妊娠線予防ケアをしていた
  • 臨月での妊娠線ケアが足りなかった
  • 妊娠線予防クリームを付ける回数が少なかった
  • 自己流で妊娠線クリームを塗っていた
  • 下腹部やお尻、太もものケアを忘れていた

妊娠線は5割以上の妊婦さんにできている

妊娠線はどれくらいの方ができているとご存知ですか?実は妊娠線は妊娠する全体の5割以上の方ができてしまうという調査結果がでています。これは第1子出産の場合だけでのデータで第2子となると8割もの人に妊娠線ができると言われています。

これは妊娠線予防のケアをちゃんとしなかった結果によるもので、ちゃんとお腹が大きくなる前から妊娠線予防クリームでしっかりとケアを行えば妊娠線を作らないで出産することが可能です。

妊娠線はちゃんとケアを行わないと誰にでもできてしまうものですが、妊娠線ケアをしっかりとしていれば出産したことがわからないくらいに妊娠線や肉割れを全く作らないで出産することができます。

 

妊娠線予防は早めから妊娠線予防クリームで保湿することが大切

妊娠線を作らないための妊娠線予防のために大切なことはお腹が大きくなる早い段階から保湿ケアをすることです。お腹が大きくなり始めてから妊娠線クリームでケアするのは遅すぎます。

妊娠線予防はお腹が大きくなる前から皮膚を柔なくしておくことでお腹が膨らんでも肉割れや妊娠線ができにくくなります。妊娠線を作ってしまった妊婦さんは「もっと早くから妊娠線ケアをしていたら」と言う方が多くいます。妊娠初期から妊娠線予防クリームで保湿ケアをすることが最も大切なのです。

妊娠線や肉割れはできてしまってからも薄くすることができる

妊娠線予防クリームで保湿ケアをはじめるのが遅くて残念ながら妊娠線や肉割れを作ってしまった場合もできてしまった妊娠線や肉割れに妊娠線予防クリームを塗り続けることで限りなく妊娠線を薄く刷ることができます。

そのため、妊娠線ができてしまった。。と諦めて妊娠線予防クリームを塗るのを止めてしまうのではなく、できてしまった妊娠線や肉割れに妊娠線予防クリームを塗り続けましょう。

また、できてしまった妊娠線や肉割れは限りなく薄くすることはできますが完全に消すことはできません。そのため妊娠線ができてからケアするという考えではなく、妊娠線を作らないことを一番に考えることが大切なのです。

妊娠線予防効果が高いのはオイル?クリーム?ローション?

妊娠線予防ケア用品にはクリームだけでなくオイルやローションタイプもあります。

妊娠線予防効果で効果が高い順に並べること下記のようになります。

 

クリーム=オイル>ローション

 

妊娠線予防には実はオイルとクリームが一番効果があります。

オイルは塗るとベトベトして上から服を着ると付きますし匂いもあります。そのため最近は妊娠線予防にはクリームが一番選ばれています。

体重のコントロールも重要

妊娠線予防は妊娠線予防クリームでケアすることと合わせて体重のコントロールも重要です。妊娠中は家にいることも多くついつい食べすぎてっしまったりします。

外出する期会も減るためどんどん太ってしまい、「妊娠+食べ過ぎによる太り」で妊娠線がさらにできやすくなったりします。ただでさえお腹の赤ちゃんの成長でお腹が大きくなっている上、急激に体重が増加するとさらに妊娠線ができやすくなります。

そのため妊娠中は急激な体重増加をしないように気をつけましょう。基準としては妊娠前と妊娠中の体重の差を10キロ以内にすることが目安です。ただし、健康な赤ちゃんの出産と成長には栄養は必要のためダイエットや食事制限はしないように注意してくださいね。

妊娠線予防クリームでケアするポイント

妊娠線予防クリームを塗り始める時期

妊娠線予防クリームを塗り始めるのは「妊娠初期」からです。

お腹が大きくなってから塗り始めたらいいと思っていたら大間違いです。お腹が大きくなりはじめてから塗っても肌が柔らかくなっていないので妊娠線ができてしまったり、急激なお腹の変化に肌がついていけなくなって亀裂が入ったりします。

そのため妊娠初期では1日1回寝る前やお風呂から上がってからでいいので毎日塗るようにしましょう。そうすることで肌が保湿されて柔らかくなりますのでお腹が大きくなってきても亀裂が入らなく、妊娠線ができないというわけです。

 

毎日たっぷりとクリームを塗り込む

妊娠線ケアの正しい方法は毎日たっぷりと妊娠線予防クリームを塗り込むくらいです。妊娠線予防クリームは足りないよりも塗り過ぎなくらいがいいです。妊娠中期になるとお腹が急激に大きくなりはじめます。そのときには朝と寝る前など、1日2回塗るようにしましょう。

1日でも妊娠線予防クリームを塗るのを忘れると妊娠線ができてしまうことがあります。妊娠線予防クリームを使うのがもったいないと思うかもしれませんが、妊娠中の数ヶ月間しか使わないものですし、妊娠線ができてから手術で妊娠線を取り除くことを考えると妊娠線クリームの価格なんて微々たるものです。そのためケチらないでたっぷりと使いましょう。

 

妊娠線予防クリームを塗るタイミングと回数

妊娠線予防クリームを塗るタイミングは妊娠の時期によって異なります。

妊娠初期の5ヶ月までは1日1回良いですが、妊娠初期〜妊娠中期は1日2回塗るようにします。妊娠後期の臨月に近くなってくると回数がずっと多くなって1日5回塗るようにします。

妊娠線予防クリームを塗るタイミングで一番いいときはお風呂から上がって肌が濡れているときです。肌が水分を含んでいて体温も高いので妊娠線予防クリームを塗ると肌に浸透します。

妊娠初期でもお腹が大きくなってきたと実感してきたら1日1回ではなく1日2回にします。

妊娠線予防クリームは塗ったほうがいいかな?と思ったら塗ったほうが良いです。塗らないと保湿が足りなく肌の亀裂(妊娠線)を作ってしまいますが、塗りすぎても妊娠線ができることはありません。迷ったら妊娠線予防クリームを塗るようにしましょう。

 

お腹以外の部分ににも妊娠線予防クリームを塗る

妊娠中に一番肌が伸びるのはお腹ですが、お腹以外にも出産に備えて胸や太もも、お尻、二の腕も出産に備えて脂肪を蓄えるようになるため肌が伸びます。

そのため、お腹だけでなく他の脂肪がつく部位にも妊娠線予防クリームを塗り込むことが大切です。特に二の腕や太ももはお腹以外に妊娠線ができやすい部位になるので忘れないで塗るようにしましょう。

もし自分で塗れない場合は家族や旦那さんに塗ってもらうのがよい方法です。

 

重要: 臨月に入ったら1日5回は妊娠線予防クリームを塗る

臨月の時期の妊娠線予防クリームを塗る回数

妊娠線を作ってしまう人が一番多いパターンは臨月の時期に入ってからの妊娠線ケアがたりかなったことによるものです。臨月になるとお腹が急激に大きくなります。

そのため1日1回や1日2回ではぜんぜんたりず、1日5回は妊娠線予防クリームを塗らないとあっという間に妊娠線ができてしまいます。妊娠線ができるのはたった2日ほど妊娠線クリームを塗るのを怠っただけで妊娠線予防クリームができてしまいます。

臨月になるともうすぐ産まれるという焦りと準備で忙しくなったりで妊娠線予防クリームを塗るのを忘れてしまったりします。

この時は一番妊娠線ができやすい時期なので忘れずに1日5回は塗るようにしましょう。自分で手がとどかない場合は家族や旦那さんに手伝ってもらってしっかりとケアして下さい。

臨月の時期の妊娠線予防クリームを塗る量

臨月の時期は妊娠線予防クリームを塗る回数も増えますが、妊娠線予防クリームを塗る量も増やします。いつもよりも2倍〜3倍程度のクリームをたっぷりと塗ることが大切です。

気をつけることは絶対肌を乾燥させないことです。1日5回という回数に縛られず2時間ごとに肌に触って状態を確かめてしっとり保湿しているか確認してください。

もし、乾燥してきているのを感じたらすぐに妊娠線予防クリームをたっぷりと塗ります。こうすることで一番妊娠線を作りやすい時期を乗り越えて妊娠線を作らないで出産することができます。