妊娠線は見た目も気になりますが、それ以上にかゆみで悩む方も多いです。出産すればかゆみも自然に治ると思っていたけどかゆみが治らないということも多いです。

かゆいからといってかいても一時的に治るだけですぐにぶり返します。かゆいからといって妊娠線をかいてしまっては妊娠線が跡として残ってしまうので要注意です。

ここでは妊娠線のかゆみの原因と正しい対処方法を紹介します。

妊娠線がかゆくなる原因

ホルモンの分泌によるもの

妊娠中はホルモンの分泌の影響で肌の新陳代謝が悪くなり、敏感な肌になり、皮膚は薄く硬くなっていきます。そのため、下着の締め付けや服の擦れという刺激でかゆくなります。体にあった締めすぎない刺激の少ない下着を選ぶようにすることも大切です。

それだけではなく、汗や皮脂の汚れで痒みが発生します。肌を清潔に保つことを心がけることも大切です。

皮膚が乾燥している

妊娠線のかゆみの大きな原因には皮膚が乾燥している事によるものです。

皮膚の乾燥はホルモンの分泌やホルモンのバランスの乱れによって乾燥が生じて痒みが発生します。妊娠によるかゆみは分娩後数日で改善されますが、産後も痒みが発生していた場合は、ホルモンによるものだけでなく傷跡のかゆみが原因になっている場合もあります。

傷跡はただでさえ痒いものですが、乾燥するとさらにかゆみを生じます。とにかく傷跡や妊娠繊維は保湿が重要なのです。

妊娠線の亀裂にかさぶたができる

お腹が大きくなることで皮膚が伸びで亀裂が入ることで妊娠線が生じます。妊娠線ができた皮膚は皮下組織から亀裂が発生しており、その上からかさぶたができ、そのかさぶたが痒みを生じさせます。亀裂は乾燥するとさらに痒みが強くなり、かきたい衝動が抑えられないくらいです。

妊娠線をかくとどうなるのか

まず、妊娠線はかいてはダメです。

妊娠線をかくと皮膚に湿疹やぶつぶつができます。それ以上にかくと色素沈着がおき、妊娠線が産後でも跡としてくっきりと残ってしまいます。

妊娠線自体はかいても妊娠線が増えることはあまりありませんが、妊娠線の周りに湿疹やぶつぶつ、色素沈着が生じるため妊娠線が目立つようになります。かくと跡として残り増えるだけなくあまり目立たなかった妊娠線も目立つようになるので妊娠線クリームでケアすることが大切です。

妊娠線ができるときには痒みが起きる

妊娠線ができる瞬間は、痛みは無いですが痒みが生じます。

痒いからとかくとミミズ腫れのようになり見たときには妊娠線に鳴っていることが多いです。

また入浴中や身体を動かしたときなどにヒリヒリと感じるときがあり、場合によっては「ピキッ」という痛みが生じたりして妊娠線ができます。

このように妊娠線ができる時は、痛みは無いですが、痒みがあり、かいてしまったり適切に保湿ができていなくて皮膚の伸びに耐えられなかった場合に妊娠線が生じます。

対処方法: 妊娠線予防クリームでしっかりと保湿をする

妊娠線予防クリームでしっかりと保湿する

妊娠線のかゆみをおさる一番効果的な方法は、妊娠線予防クリームでしっかりと保湿をすることです。妊娠線予防クリームの保湿は即効性があります。

妊娠線がかゆい原因の一番の原因は皮膚の乾燥です。皮膚の乾燥によって潤いが不足し、痒みが生じます。妊娠線予防クリームをしっかりと塗って乾燥を防ぎましょう。ニベアなどの市販のクリームでは妊娠線には効果がありません。

妊娠線予防クリームは肌の新陳代謝を促進し、肌を修復してくれるためかゆみが軽減されていきます。妊娠線予防クリームは、朝起きた時、昼、お風呂上がりと1日3回ほど頻繁に塗ってあげることで肌が潤うためかゆみが抑えられます。肌が保湿され柔なくなるため新しい妊娠線ができるのも予防してくれます。

皮膚の痒みが起きるというのは、身体が保湿ケアをしてくれということを訴えかけてきているのです。

下着の素材を肌に優しいものにする

摩擦が起きやすい化学繊維でできた下着や衣服は敏感な肌に擦れてかゆみを生じさせる原因になります。コットンやシルクなどの自然の素材でできたまのを選んで身につけましょう。素材に合わせてゴムの部分がきつい場合は調節して肌に刺激を与えないようにすることも有効です。

肌を清潔に保つ

かゆみの原因は汗や皮脂、ホコリなどがついている場合でも生じます。汗をかいた場合は下着や衣服を買えたりシャワーを浴びたりして肌を清潔にしておきましょう。シャワーやお風呂上がりにはしっかりと保湿しないとまたかゆみを生じることになります。専用の妊娠線予防クリームで肌が乾燥しないようにケアしておきましょう。

ベルタマザークリーム(BELTA)

妊娠線予防クリームの中で保湿性、肌に優しい素材(国産、無添加)、コストパフォーマンスで最も優れているのはベスタマザークリームです。

ベルタマザークリームは妊娠線予防クリーム実勢No.1です。

いろいろな妊娠線予防クリームがありますが、他のクリームと比較しても劣る部分がありませんし、妊娠線のかゆみを抑えてくれます。

また、ベルタマザークリームはどの妊娠線予防クリームと比べても最も伸びがよくて、保湿効果が高いため、肌がしっとりとしてベタつきがありません。

妊娠線予防クリームの中で最も評判がよく妊娠線ができなかったという声が多いクリームなのでこれから妊娠線予防クリームを選ぶ方はベルタマザークリームを選んでおけばまず間違いありません。

 

今だけ!初回購入500円(92%OFF)のお得なキャンペーン実施中です!