気をつけていてもできてしまった「妊娠線」妊婦さんの約6割の人が妊娠線ができてしまうというデータがあります。

妊娠線は一度できてしまうとなかなか消えませんが、今は妊娠線を消す専用のクリームがあります。このクリームを使っても全くわからないくらいまで消すことはできませんが、限りなくわからないくらいにすることはできます。

妊娠線はできてしまうと完全に消すことはできない

妊娠線はできてしまうと完全に消すことはできません。妊娠線はできても消せるだろうと思って市販の保湿クリームでケアをしていたり、妊娠線予防ケアが遅いと妊娠線ができてしまいます。特にお腹が大きくなる頃から妊娠線ができやすく、1日で妊娠線がたくさんできてしまうこともあるので怖いのです。

妊娠線はお腹では自分からお腹で隠れて見えにくいところや胸、お尻、二の腕、太ももによくできやすいく場合によってはふくらはぎにもできます。

出産前であればベルタマザークリームを塗っておけば間違いありませんが、妊娠線ができてしまった場合も妊娠線を消すためのクリームというものがありますのでこちらを利用することで限りなくわからなくいらいまで薄くすることができます。

妊娠線を作ってしまった人のパターンや例

  • 妊娠線ケアを始めるが遅かった
  • 正しい妊娠線ケア用品を使っていなかった
  • 妊娠6ヶ月までは大丈夫と油断してケアをしていなかった
  • ニベアで妊娠線予防ケアをしていた
  • 臨月での妊娠線ケアが足りなかった
  • 妊娠線予防クリームを付ける回数が少なかった
  • 自己流で妊娠線クリームを塗っていた
  • 下腹部やお尻、太もものケアを忘れていた

レーザー治療で消すと高くて保険も適用されない

できてしまった妊娠線を消すには妊娠線ケアクリームでケアする方法もありますが、クリニックでのレーザー治療で消す方法もあります。

ただし、レーザー治療は自由治療で保険が適用できないため30万円〜100万円程度の高価な費用がかかってしまいます。1回1万円〜15万円ほどかかりそれが10回のコースになって至ります。これはとても高くて費用対効果が低いのであまりメジャーではありません。

これだけ効果な費用をかけても妊娠線が完全に消える保障はありません。保険が適用されないのは完全に治るという実績がないからです。

できてしまった妊娠線は早めにケアすることが必要

妊娠線ができたことに気がついたら早めにケアを解することはなによりも大切です。早めのケアをすればできてしまった妊娠線でもまったくわからなくらいまで綺麗にすることができます。

妊娠線ができてしまったことに気がついたらできてしまった妊娠線を消す専用のクリームが届くまで市販のクリームでもいいのでとにかく保湿しておきましょう。

できてしまった妊娠線を消せるクリーム「ノコア」を使うのは一般的

実は妊娠線予防クリームには出産まで妊娠線を作らないようにする目的なものと、できてしまった妊娠線をケアするクリームにわかれています。ただしすぐには効果がでないので6ヶ月は継続して塗ることが大切です。

できてしまった妊娠線は普通の保湿クリームでは絶対に消すことはできません。

なぜなら妊娠線は皮膚の表面の表皮にできるのではなく、その下にある真皮が裂けてできるからです。市販のニベアなどのクリームでは絶対に消すことはできないのです。

できてしまった妊娠線ケア実績1位: NOCORクリーム

NOCORクリームは妊娠線予防効果もありますが、できてしまった妊娠線や肉割れを消す効果が高いクリームです。確かな実績がある妊娠線ケアクリームです。

しっかりと真皮に届いてできてしまった妊娠線ケアができます。NOCORクリームはお肌の新陳代謝を高めてくれる効果もあるので、産後にNOCORクリームを使い続けることでお肌のたるみを解消することもできます。

 

できてしまった妊娠線や肉割れを消すことができるので、お腹が大きくなる時期から出産後まで1つのクリームでケアできるというメリットが有るので人気があります。

産後にできてしまった妊娠線にNOCORクリームを塗りながらマッサージをするだけで段々と妊娠線が薄くなっていきます。

すでに妊娠線ができて知った場合はNOCORクリームを使えば少しずつ妊娠線が薄くなっていってわからないくらいになります。

販売名 ノコア(NOCOR)
販売価格 単体6980円、2本セット13960円、3本セット19389円(送料無料)
容量 150g
1日当たりのコスト 約232円
発売元 株式会社フューチャーゲート
製造国 日本
香料・着色料・鉱物油など添加物 無添加
有効成分 ビタミンC誘導体、生シアバター、アボガドエキス、ベントナイト、ホホバ種油、アルガニアスピノサ核油、ネロリなど